BLOG

姿勢は足裏から崩れる!?

みなさんこんばんは!パーソナルトレーナーの高濱です!

突然ですが「足裏」を気にした事はありますか?

多くの人は「いや、ないけど」と思いますよね(笑)

ですが、こういったことを感じたことはありませんか?

・寝ていると足がつる

・ズボンの裾が左右と長さが違う

・片足で靴下を履けない

・ケガをしていないのに足が痛い

・片足で立つとグラグラするor立てない

これらはすべて「足裏」に原因があります!

まずは、足裏の構造から理解していきましょう。

足裏には、土踏まずという「アーチ」が存在します。

かかと・母指球(親指の付け根)・小指球(小指の付け根)の3点が結んだ空間があり、横から見るとアーチ状になっています。

ブログ画像

アーチにはクッションの役割があり、踏み込んだ際に膝や腰などへの衝撃を抑えてくれます。

アーチは、いくつかの※筋肉で形成されているため、それらの筋力が弱くなるとたくさんの障害が起こりうるのです。
※(前脛骨筋 後脛骨筋 長腓骨筋 長母指屈筋 長趾屈筋 母子外転筋 足底方形筋 その他靭帯などで形成)

これらの筋力が弱るとアーチが崩れてしまいます。

アーチが崩れる影響には他にもあり、

・巻き爪
・脚の長さが違う
・骨盤の歪み
膝関節の変形、、、など

ブログ画像

足のアーチにはそれほどの役割を担っているのです!

足裏は全体重を支えています。

体重のかけ方にも良し悪しがあります。

今日はここまで!

次回は足に対する体重のかけ方によって起こる影響について話します!

ここまで読んでくださりありがとうございました^^
ー----------------------------------

【ワンコイン体験】

只今、¥500でパーソナルトレーニングを体験できるキャンペーン中です!

正月太り解消にぜひお越しください^^

2月13日(日)まで

https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/afterCoupon?storeId=H000539842&couponId=CP00000006934275&add=0

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP