BLOG

ダイエットに「空腹」は不向き

ダイエットに「空腹」は不向き

みなさんこんばんは!

HillsFitパーソナルトレーニングジムの高濱です!

みなさん無理に食事制限をしていませんか?

過度な食事制限は空腹になりやすく“飢餓状態”となり栄養を吸収しやすくなります。

空腹になるとリパーゼという酵素が働き脂肪を分解してエネルギーとなります。

ですが空腹時間が長く続きすぎると飢餓状態になり、栄養が足りないと脳が判断し

通常の10倍も吸収率が上がってしまいます。

さらには、空腹は“カタボリック“を招きます。

「カタボリック」とは

カタボリック=異化

異化とは大きな分子を小さな分子に分解することです。

例えば、筋肉中にある筋タンパク質が分解されるとアミノ酸になり、エネルギーとして使われます。

つまり空腹になると筋肉を分解してエネルギーを使ってしまうため、筋肉量が減り基礎代謝が減ってしまいます。

過度な食事制限はかえって不効率です!

きちんと1日3食食べ、少しづつ食事量を減らし、バランスのいい食事を心がけましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP