BLOG

”弛む”ストレッチ

緩むストレッチを紹介!

みなさんこんばんは!

HillsFitパーソナルトレーニングジムの高濱です!

みなさんストレッチはしていますか?

筋トレをしている人はもちろん、姿勢が悪い方や、肩こり、腰痛など体に不調がある人も

必ずストレッチをしましょう!

さて本題ですが、本日はストレッチをしてもイマイチ筋肉のハリがとれない方の為に、緩むストレッチの仕方をご紹介します!

その緩むストレッチとは、「相反抑制」という筋肉の性質を利用したストレッチ方法です。

“相反抑制”とは、主動筋が収縮する時に拮抗筋が弛緩されるというメカニズムです。

いやわからん!てなりますよね(笑)

まず、主動筋とは文字通り“主に動く筋肉”、メインの筋肉です。

足を伸ばした時に働く主動筋は太もも前の筋肉(大体四頭筋)です。

拮抗筋とはその反対の筋肉のもも裏の筋肉(ハムストリングス)です。

この主動筋と拮抗筋の関係は主動筋が働くときには、拮抗筋が弛みます。

これを「相反抑制」といいます。

足を曲げる際に前ももの筋肉が働いては、ハムストリングスが働いてもスムーズに足を曲げる事ができません×

ハムストリングスに力が入り、前ももの筋肉が弛むから足が曲がるのです。

その相反抑制の効果を利用したストレッチ方法は、

前もものストレッチの時に「お尻に力を入れる」です。

前もものストレッチは大体四頭筋が主動筋で、ハムストリングスとお尻の筋肉(臀筋)が拮抗筋となります。

前ももの筋肉(大腿直筋)は膝を伸ばすだけではなく股関節を曲げる作用もありますので、ストレッチの際にお尻に力を入れる事で相反抑制の性質を利用する事ができます。

腰が痛い方や、前もものハリが気になる方はぜひ実践してみてください^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP