BLOG

ダイエットの危険なサイン

ダイエット中の危険なサイン

みなさんこんばんは!

HillsFitパーソナルトレーニングジムの高濱です!

みなさんダイエット中に、

「食べなくてもいっかぁ」

「なんかお腹減らなくなってきた」

となっていませんか!?

それ危険なサインです!

ダイエットの為に食事量を減らしたり、低カロリー食を摂取していると脂肪や筋肉が減り体重が減少します。

しかし、極端な食事制限は神経食欲不振症(拒食症)につながる可能性があります。

栄養バランスが偏り、下痢、全身のむくみ、貧血などの症状が危険なサインです。

女性の場合は3か月以上無月経が続くこともあります。

さらには、糖尿病、慢性胃腸炎、がん、うつ病など

様々な症状を引き起こす可能性があります。

目標の体重を目指して減量もすることは良いですが、体重や体型の認知が健康とずれている可能性があります。

病気になってしまっては元も子もないので、あくまで健康的に痩せましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP