BLOG

姿勢で大事な「体軸」

アスリートにとって大事な「体軸」

みなさんこんばんは!

HillsFitパーソナルトレーニングジムの高濱です!

みなさん「体軸」をご存じでしょうか?

スポーツをする方やアスリートの方はよく耳にしますよね。

一般の方でも姿勢を気にする人は聞いたことがあると思います。

この「体軸」というのは、“正中感覚”といいます。

自分の体の中心がどこにあるのか把握するという感覚です。

実はこの正中感覚は、幼児の頃に身についています。

「首がすわる」

↑これが正中感覚です!

首がすわるというのは、頭が支えなくても首や頭がグラグラしなくなることのことを言います。

これは発達途中で、正中感覚を覚える事で首をまっすぐ保つことを可能としています。

正中感覚が備わるからこそ寝返りが打てるのです。

この正中感覚と正中線がズレていると、姿勢不全や運動時のパフォーマンス低下につながります。

正中線とは、ヒトの前面を縦にまっすぐ通る線のことです。左右対称となる体の中央の線とも言えます。

この二つが一致していることで正しい姿勢やパフォーマンス向上につながります。

この二つを一致させるためにはヒルズフィットに一度ご来店ください^^

人それぞれ違ったズレ方をしているのでこれをすれば!というのは一概に言えません×

興味のある方はぜひお越しください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP