BLOG

女性に多い「X脚」を解説

女性に多い「X脚」を解説

みなさんこんばんは!

桑名市にあるHillsFitパーソナルトレーニングジムの高濱です!

脚の形がまっすぐじゃない、内股、という方いませんか?

太ももどうしはつくけど、膝下から離れている方はそれ「X脚」です!

X脚はどんな状態?

X脚は足だけではなく骨盤や足部(足元)の骨の向きや位置がズレいたり歪んでいます。

股関節=内向き

膝頭=内向き

膝下=外向き

足部=内向き

このような状態になっています。

さらに足部が内側に倒れすぎると「外反母趾」になる可能性があります。

外反母趾とは、足裏が平(偏平足)になり、足の母指球がだんだん外側に向き、

母指球が過剰に飛び出してしまっている状態のことです。

なぜX脚になってしまうのか

お尻(股関節)の筋力不足が原因です!

例えば、歩く動作で膝下しか動いていない歩き方をしている方はX脚になりやすいと言われています。

通常、“歩く”という動作は股関節+膝関節+足首の動きがセットで動いています。

ですが、歩幅が小さい人は股関節を使えていなく膝下しか動いていない歩き方になっています。

さらにX脚の人は、内ももの筋肉を使いすぎている傾向にあるため、

内ももが硬く、しゃがむ動作でknee-in(膝が内に入る)してしまい、うまくしゃがめない事があります。

X脚は膝が内側に入りやすい為、膝に負担がかかってしまいます。

半月板損傷や、膝変型症などあらゆる疾患を引き起こしてしまいます。

このようにX脚は日常生活動作に支障をおこすことがあるため、思い当たる方はすぐに改善しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP